花のお供えの手配で知っておきたい色のマナー

花のお供えの手配で知っておきたい色のマナー

お通夜に参列できない、もしくは親しい間柄だったため供花を贈りたいと考えた場合、ショップに手配することが多いです。
お通夜では故人の枕元に飾るためアレンジメントタイプにしますが、葬儀会場では祭壇の脇に飾られるため大きめな籠盛りやスタンドタイプになります。
葬儀会場では贈り主の名前が書かれた札名が添えられるので、しっかりとマナーを理解していないと、遺族に対して失礼になったり自分自身の肩身が狭くなったりするため注意しなくてはなりません。
どのような花を使用しても構いませんが、色や種類にはマナーがあります。
お通夜や告別式、四十九日を過ぎるまでは白色が基調となり、華やかな色は避けます。
キリスト教では基本的に仏式と変わりはないものの白い菊は使用せず、白のカーネーションや百合を使用します。
なおキリスト教ではお供えのお花に対して札名は使用しませんし、造花は厳禁です。
手配をする際には、贈る目的と宗教を伝えるのがポイントとなります。

お供えのお花は宗教によって選ぶものが異なる

故人への思いを込めてお供えのお花を贈ることがあります。
日本には仏教や神道、キリスト教など様々な宗教があり、お花を贈る場合、どのようなものを選んだらよいのか悩むことも多いです。
仏教においては供養する人の心を清める、修行、極楽浄土をイメージして供えるなどの意味があります。
さらに徐々に枯れていく様子から命のはかなさと尊さを学ぶ意味もあり、大変奥深いです。
菊やユリなどの花を贈ることが多く、四十九日までは白色で統一されています。
神道では亡くなった場合、けがれとしてとらえられており、榊を使用するのが基本です。
木に神と書く榊は神とのつながりを示しており、邪気を払い清浄化するという意味があります。
キリスト教は仏教のようにお彼岸やお盆にお墓参りをする習慣はなく、亡くなったら神様のもとに行くという考え方となっています。
そのため供養としていくのではなく敬意を払う行為としてお墓参りを行っており、カーネーションの花が使用されます。

著者:土谷隆

筆者プロフィール

石川県金沢市生まれ。
大学卒業後葬祭関係の会社に就職。
問い合わせの多いお供え用の花について記事を書きました。