葬儀における花のお供えを手配するときの業者選びのコツとは

葬儀における花のお供えを手配するときの業者選びのコツとは

日本はもちろんのこと、アメリカやイギリスでも葬儀の際は故人に対して花を供える風習があります。
供養という意味で用いられますが、この花をお供え用で購入する際は必ずTPOに見合ったもの買わないといけません。
葬儀の席で飾るときは個人でショップを訪ねて手に入れるよりも、業者を手配して大量注文をした方がコストを削減することも可能です。
ここで簡単にその業者選びのコツを見ていくことにしましょう。
大半のところがメモリアルサービス会社と提携をされているので、利用する会社に任せるのが無難な選択です。
もしもご自身で選択をするのであれば、お供え用の菊・百合の取扱い品種が多いところを選びましょう。
花といっても色んな品種で構成をされており。
通夜と告別式・法事で飾るものは異なります。
1種類だけでなく、季節ごとに豊富な品目で用意をされてる方が良い供養を実施できるものです。
また販売価格にも着目をしておき、そのなかで希望に見合ったところを選びます。

お供え花を用意する場合は実績豊富な店舗に依頼

親しい方が亡くなった場合香典を持参することが多いですが、遺族側が香典を辞退している時や香典以外にもお悔やみの気持ちを伝えたい場合、お供え花を用意することがあります。
故人に対してお供えするものは宗教によって異なっており、一昔前は仏教では菊、キリスト教は白い花を供えていました。
近年では故人の好きだった色のものをお贈りすることが多くなっており、必ずしも白色というわけではなくなっています。
ですが葬儀用として使用する場合、祭壇などに設置することから実績豊富な店舗に依頼することが必要となります。
これは式の最中に花が倒れる、散るなどのことを防止することが理由です。
通常の店舗では対応していないことがあったり、実際に作ったことがなかったりすることがあったりするため事前に実績があるかを確認しなくてはなりません。
葬儀の最中に失礼なことがないよう実績豊富な店舗を利用することが基本であるため、依頼をする前にホームページなどで確認をするようにします。

著者:土谷隆

筆者プロフィール

石川県金沢市生まれ。
大学卒業後葬祭関係の会社に就職。
問い合わせの多いお供え用の花について記事を書きました。