花のお供えで失敗しないために!初めての人が注意するべきコツや基本を解説

当サイトでは花のお供えで失敗しないために、初めての人が注意するべきコツや基本を解説しています。
どのような種類のものを選ぶべきか、どのように備えるべきか知りたい場合に役立つでしょう。
葬儀のために手配するときの業者選びのコツも解説しています。
あらかじめ知っておけば、いざというときにも役立つはずです。
さらに手配する際に知っておきたい色のマナーも触れています。
供える場面にあった色のものを選ぶことが大切です。

花のお供えで失敗しないために!初めての人が注意するべきコツや基本を解説

花のお供えにはいろいろなマナーがあるため基本から押さえておくのがおすすめです。
お墓や仏壇などに花をお供えするときには、基本的に四十九日までは白い色のものを選びます。
その後は少しずつ色を足していくのが基本です。
さらに毒のある植物は避けるほか、棘のあるものや香りが強いものの避けるのがマナーとなっています。
またお墓にお花を供えるなら、比較的周囲が汚れにくい植物を選ぶと綺麗にお墓を保たせることができるでしょう。

葬儀の会場に花をお供えする意味とは

親しい方が亡くなった場合、遺族と故人に対してお悔やみの気持ちを伝えたいと考えることがあります。
香典や弔電もその気持ちの表れの一つですがお花を贈ることも多く、それぞれ意味があり、呼び名も異なっています。
葬儀の際に目にすることが多いのはスタンドや祭壇にある供花です。
白色もしくは淡い色でまとめられており、祭壇を飾る目的があり、一部は棺の中に納められます。
斎場の外に飾るのが花輪であり、近年は大変少なくなりました。
明るめの雰囲気となっていることが多く、スタンドの上に大きい円を描いたものになります。
どちらも故人にお供えし、故人を偲ぶ目的で飾られており、宗派や宗教によってスタイルや立礼表記、色味が異なっています。
キリスト教の葬儀では白い一本の花をお焼香代わりに用います。
キリスト教だけでなく無宗教の場合であってもお別れの気持ちを伝える意味でお供えしており、白いカーネーションなどが多いです。
相手とのお別れのために使用され、感謝の気持ちとともに供えます。

花のお供えは葬儀場でどのように並べるべきか

葬儀会場を見ると、祭壇の両脇や壁沿いにフラワーアレンジメントやスタンド花が並べられているのが確認できます。
訃報を受けると花を贈る習慣が日本にはあり、故人との間柄に沿ったものをお贈りします。
故人に手向けるのは供花と呼び、様々な決まり事があります。
その中の一つが並べ方であり、祭壇のすぐ両脇には喪主からのものを、それ以外は祭壇に近い位置から血縁関係が濃い順に並べるのが一般的です。
複数段に分けて飾る場合は上段に飾られるほど血縁関係が濃くなるように並べなくてはならず、贈り手との間柄を考慮しなくてはなりません。
会社関係は祭壇の両脇、もしくは壁沿いに並べられており、スタンドタイプのものが多いです。
花をお供えする場合は1基にするか2基一対にするかを考えなくてはなりませんが、どの程度贈るかは自由となっており決まり事はありません。
ただし会場によっては制限されることもあるため、事前に遺族もしくは葬儀会場と相談が必要になります。

四十九日までの花をお供えする際のポイント

四十九日の際にお花をお供えする場合、マナーをしっかり押さえたいと考えます。
この時期までは白色のみで用意するのが一般的であり、差し色を入れたい場合は青色や紫色のものを加えます。
さらにバラのようにとげがある、香りがきつい、ヒガンバナのように毒があるものも避ける必要があります。
淡い紫色のトルコ桔梗を使用し、ランを取り入れると華やかさが増します。
故人の好きなものを供えたいと考えた場合は、事前に遺族に相談をすると良いでしょう。
地域によってはしきたりがあり遺族に気を遣わせてしまうことがあります。
お花のタイプはアレンジメントが良く、アレンジメントであるとすぐに飾ることができ、場所を移動させることも簡単にできます。
四十九日法要に向けて贈りたい場合は法要の前日が良く、法要の最中に届かないように配慮しなくてはなりません。
白色の花を基本的に贈りますが、贈る際にはメッセージカードを添えるとより気持ちが伝わりやすくなります。

花のお供えでは棘のある植物を避けるべき理由

花のお供えでは棘のある植物は避けるべきとされています。
代表例はバラですが、どうして棘のあるものがふさわしくないのかというのはある意味で常識的な範疇のことです。
故人が棘のある人物だったと言っているのか、というような意味に違いないと解釈しても別に明らかにおかしいことではないかもしれませんが、仏教の立場でいうとこのような意味ではなくて、お供えの花は仏さまの慈悲とか慈愛を表しているとされています。
慈悲とか慈愛と棘とは相いれませんから、適当ではないということになるわけです。
お仏壇についても、極楽浄土そのものを表しているとされ、そのような世界に棘はやはりふさわしくありません。
故人が好きな花だったというような場合には、棘を抜いて備える方法はあります。
一方で、キリスト教の場合にはこのような点はあまり気にされないようで、むしろ白いバラなどは供花として非常に一般的なのはテレビの報道などでもよく見られるとことです。

著者:土谷隆

筆者プロフィール

石川県金沢市生まれ。
大学卒業後葬祭関係の会社に就職。
問い合わせの多いお供え用の花について記事を書きました。
お供え 花